読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

【京都市・上京区】京都御所。京都の街に広がる、時が止まった別世界

お出かけ お出かけ-関西

スポンサーリンク

京都御所、紫宸殿

 

先日、京都御所へ行きました。

京都は落ち着きのある街並みが多いですよね。御所はさらに落ち着きがあるというより、時の流れが止まったままという表現が合いそうな場所でした。

 

見学申し込み

参観は60分、日本語案内の他に英語コースもあります。

毎年春と秋に申し込み不要の一般公開があり、平成28年春は4月6日(水)~10日(日)です。

宮内庁参観案内(皇居・京都御所・仙洞御所・桂離宮・修学院離宮)

 

 

アクセス

京都駅の北側にあり、地下鉄烏丸線・今出川駅から徒歩5分です。

修学院離宮、京都地図

 

京都御苑という大きな公園の中に京都御所があります。

こちらは烏丸通沿いにある入口のひとつ、中立売御門です。

京都御所、京都御苑入口

 

公園内に入ると、京都御所をぐるっと取り囲む築地堀が続きます。

京都御所、築地塀

 

参観者出入り口です。ここで予約確認をして中に入りました。

京都御所、入口

 

京都御所の内部

御所内に入り、ふたたび予約と身分証明書の確認がありました。

 

参観者休所

京都御所、待合室

時間になるまでこちらで待ちます。ロッカーと売店がありました。

15時になり案内してくださるガイドさんが現れて、参観がスタートしました。

ガイドさん1名に対して参観者60人ほどの大人数でした。

 

御所は広く、参観できる場所は半分ほどです。

京都御所、略図 by宮内庁サイト

 

御車寄(おくるまよせ)

京都御所、御車寄

御所に入ることを許された者が正式に使う玄関です。牛車などで到着し、地面を歩くことなく建物内へ入ることができます。

 

諸大夫の間(しょだいぶのま)

京都御所、諸大夫の間

御車寄からつながる控え室です。身分による区別があり、画面右から虎の間、鶴の間、桜の間です。

虎の間が最も格上の部屋です。

 

新御車寄(しんみくるまよせ)

1915年(大正4年)に大正天皇の即位礼に際し、玄関として建てらました。

京都御所、新御車寄

 

こちらの建物だけ、唯一電気がついています。

京都御所、新御車寄電灯

 

紫宸殿(ししんでん)

赤い扉の門は承明門(じょうめいもん)、奥に見える建物が紫宸殿です。

京都御所、紫宸殿

紫宸殿は京都御所の象徴ともいえる建物で、重要な儀式を行う正殿です。

大正・昭和天皇の即位礼もここで行われました。

 

紫宸殿へ昇る階段の両脇には、左近の桜・右近の橘があります。 

京都御所、紫宸殿byパンフレット

 

右近の橘は老木のため、寒さから守るために囲いが作ってありました。

京都御所、右近の橘の覆い

 

囲いを取るとこのような木です。 

京都御所、右近の橘 by wikipedia

画像は右近橘 - Wikipediaよりお借りしました。

 

清涼殿(せいりょうでん)

紫宸殿の背後に建ち、室町時代まで天皇の住まいとして使われていました。

京都御所、清涼殿

 

小御所(こごしょ)と御学問所(おがくもんじょ)

小御所は諸種の儀式が行われ、武家との対面にも用いられた建物です。

奥の御学問所は学問のためだけでなく、臣下と対面する行事などにも使われていたそうです。

京都御所、小御所と御学問所

 

蹴鞠の庭(けまりのにわ)

小御所と御学問所の間にある庭です。

京都御所、蹴鞠の庭

 

このように蹴鞠が行われていたのでしょうね。一般公開の時にも蹴鞠が行われるそうです。

京都御所、蹴鞠の庭 byパンフレット

 

蹴鞠は腰や膝を曲げることなく、足の甲のみで蹴り上げるそうです。

難しそうですね。

詳しくはこちら→談山神社公式サイト

 

御池庭(おいけにわ)

小御所と御学問所の向かい側には回遊式庭園が広がります。

船着き場もある大きな池です。

京都御所、新池庭

 

御常御殿(おつねごてん)

室町時代以降に天皇の日常生活の場が清涼殿からこちらへ移り、明治天皇が東京へ移るまで使われました。

京都御所内では最も広い建物で、内部は15室あります。

京都御所、御常御殿

 

 

とにかく建物が大きく、次の建物へ移動するだけで結構歩きました。

建物だけでなく植えてある松などの木も1本ずつが大きいのですが、圧迫感がないのは敷地が広いためでしょうね。

 

建物の外側は金色の装飾などきらびやかなものが少なかったため、質素な印象でした。

桜が咲く季節はまた違った印象が楽しめそうです。

 

以上、京都御所のご紹介でした。

 

京都御所の見学後はこちらで休憩しました。

rakunitanoshiku.hatenablog.com 

 

同じ日に修学院離宮も行き、皇室ゆかりの地を巡りました。

rakunitanoshiku.hatenablog.com