読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

北海道流氷旅行記(網走・紋別)その1。おーろら&ガリンコ号に乗りました

お出かけ お出かけ-その他

スポンサーリンク

流氷、おーろら号流氷帯

 

2月に北海道へ流氷を見に行きました。

今回は2つの流氷砕氷船である、おーろらとガリンコ号を紹介しますね。

 

旅の行程


2泊3日で網走と紋別へ行き、流氷砕氷船2つとJR北海道の流氷ノロッコ号に乗りました。

旅行は個人手配、飛行機はANAマイルを使って中部国際空港(セントレア) → 女満別空港を利用、網走で2泊しました。

 

網走ー紋別間は108キロ、バスで約2時間かかります。 北海道は広いですね。

流氷、網走・紋別地図

 

小1息子が好きな乗り物づくしの旅行でした。今回は流氷砕氷船をご紹介しますね。

 

北海道の流氷砕氷船は2つ


氷を砕きながら進む流氷砕氷船は、網走のおーろらと紋別のガリンコ号があります。

  • おーろら → 世界初の流氷観光砕氷船。南極観測船「しらせ」同様、船の重みで氷を砕く
  • ガリンコ号 → 船首にあるスクリュー状のドリルを回転させてで氷を砕く

 

網走・おーろら


セントレアをお昼過ぎに出発、女満別空港へ15時前に到着しました。到着してすぐに寒さよりも、雪の多さに驚きました。

空港→網走中心部はバスで約30分です。

 

おーろらは道の駅(流氷街道)から出港します。

流氷、おーろら号と道の駅

 

おーろらは2隻あり、4月末~10月末は知床観光船として運行しています。今回乗船したのは「おーろら2」です。

流氷、おーろら号アップ

 

16時半のサンセットクルーズで出港しました。 

流氷、おーろら号出港

 

港には大きな雪だるまがありました。

流氷、網走港雪だるま

 

道東は陽が沈むのが早いですね。 

流氷、網走港夕焼け

 

港には氷は全然なく、しばらく進むと薄氷が見えてきました。

流氷、おーろら号出港直後

 

氷はだんだん大きくなってきます。 

流氷、おーろら号流氷帯に近づく

 

流氷帯に入りました。白い氷の世界が広がります。

流氷、おーろら号流氷帯

 

1階のデッキからは流氷が割れる様子を間近で見ることができます。寒いですが迫力があるので、デッキで見るのがおススメですよ。

流氷、おーろら号流氷アップ

 

17時半に帰港しました。もう真っ暗です。

流氷、網走港帰港

 

流氷が間近に見え、感動しました。とにかく寒かったのですが、寒さを我慢してでも見る価値は十分ありました。防寒対策はしっかりしてくださいね。

 

公式サイトはこちら。

冬の醍醐味、流氷観光|網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ

 

翌日、網走から紋別へ行きました。

 

紋別・ガリンコ号2


ガリンコ号2です。網走のおーろらに比べると小さく、鮮やかな赤が目立ちます。

夏はクルーズのほかに釣り船にもなるそうです。

流氷、ガリンコ号全体

 

10時半の便に乗船しました。中国からの観光客も多かったです。

流氷、ガリンコ号乗船

 

出港直後、船上から見た紋別港です。紋別港には薄氷が漂っていました。

流氷、ガリンコ号より紋別港

 

船が進むにつれ、だんだん氷が大きくなってきます。

流氷、ガリンコ号流氷帯に近づく

 

流氷帯に突入。氷の上に雪が積もり、一面真っ白です。

流氷、ガリンコ号流氷帯その1

 

船の前方がおススメです。ドリルが回転し氷を砕く様子が見えますよ。

「ガリンコ号」という名の通り、流氷の中を進む時はガリガリと音がして船が揺れました。

流氷、ガリンコ号ドリル

 

真っ白な世界が広がります。

寒いですがなかなか見られる光景ではないと思うので、頑張ってデッキに立っていました。

流氷、ガリンコ号流氷帯その2

 

このカモメは人間に慣れているようで、船と一緒に飛んでいました。

流氷、ガリンコ号船上かもめ

 

紋別港に帰港。 

流氷、ガリンコ号帰港

 

船を降りると、紋別のゆるキャラである紋太(左)とモンベモン(右)が待っていました。

流氷、ガリンコ号・紋太とモンベモン

 

ガリンコ号でもしっかり流氷を見ることができて楽しかったです。

 

公式サイトはこちら。

オホーツク紋別 流氷砕氷船ガリンコ号II 公式ホームページ

 

 

2つの流氷砕氷船を比べてみて


正直、どちらも良かったです(笑)

それぞれの船に特徴がありますしね。

 

行程の都合上などでどちらかを選ぶならば…以下の理由からおーろらにすると思います。

  • アクセスのしやすさ ← 紋別空港より女満別空港の方が飛行機の便が多い
  • おーろらの方が船が大きく、予約が取りやすい

 

原因ははっきりしませんが流氷は年々少なくなっているそうで、今シーズンは特に流氷が来るのが遅かったようです。

初めての流氷旅行で十分に流氷を体験できたのはラッキーでした。寒さ以上に流氷の思い出がしっかり残りました。

 

以上、流氷砕氷船・おーろら&ガリンコ号の乗船記事でした。

JR北海道の流氷ノロッコ号は別記事でご紹介しますね。

 

昨年は飛行機のマイルを使って石垣島へ行きました。

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

おすすめトラコミュ

観光&地域の情報

国内旅行

子どもとおでかけ♪