読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小3息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

ラベンハム・クレイドン(LAVENHAM CRAYDON FUR)を購入。暖かいのに軽くてコンパクト

スポンサーリンク

最終更新2016.11.21

数年前から欲しいと思っていた、ラベンハムのクレイドン(ファーつき)を購入しました。
秋に着ているアウターも合わせてご紹介します。

冬アウター、ラベンハムアップ

 

冬アウター購入

ラベンハム・クレイドンファー


ラベンハム定番モデル・クレイドンの、裏地にファーがついたタイプ。色はSUFFOLK NAVY、サイズ36です。

冬アウター、ラベンハム表

 

フードは小さめ。裾に切り込みがあるのは、乗馬服の名残から。自転車に乗る時も便利そうです。

冬アウター、ラベンハム裏

 

着画はこちら。丈は短めで、色はネイビー、グレー、ベージュの3色展開。店舗へ行く前はグレーが第一候補でしたが、試着してみるとネイビーが気に入りました。(私のパーソナルカラーはサマー)

冬アウター、着画 by公式サイト
画像はブリティッシュメイドサイトよりお借りしました。

 

ファーは濃いネイビー。滑らかで触り心地がいいです。左胸に内ポケットがあります。

冬アウター、内ポケット

 

外ポケットの内側にもファーが。手を入れると暖かいです。

冬アウター、外ポケット

 

フードの内側もファーがついています。

冬アウター、フード

 

袖は長めなので、折り返してファーを外側にするのもgood。(店員さんに教わりました)

冬アウター、袖折り返し

 

カジュアルもキレイめにも


キルティングジャケットは真冬は厳しい思っていましたが、ファー付きなので暖かく安心。(雪が積もるのは年に数回、という関西に住んでいます)
見た目がモコモコしていないので、カジュアルにはもちろんキレイめにも合わせやすいです。冬の早い時期から着られそう。

ファーが有りでも無しでも、同じサイズでよかったです。ファーの分を計算して若干大きく作られているとのこと。分厚いファーではないので軽くて嵩張りません。

 

骨格ウェーブさんにも


私の骨格はウェーブタイプ。このアウターのウェーブさん向けポイントはこちら。

  • 丈が短め
  • スリムフィット
  • フードつきで、襟元にデザインがある
  • キルティングで奥行きがある生地

 

秋冬のアウターは3着


秋から冬にかけてのアウターは、こちらの2着。

冬アウター、パーカー2着

左:コットンパーカー(パタゴニア)。右:フリースパーカー(エディーバウアー)

いずれもグレーのパーカーです。現在は左のパーカーをよく着ており、もう少し寒くなったらフリースを。さらに寒くなったらラベンハムの登場ですね。

 

昨冬までは、真冬には10年もののダウンを着ていましたが、今回ラベンハムと入れ替えます。ダウンを今から買取に出すのは時期が遅いため、来年秋まで待つか処分するか考え中です。(汚れとへたりで買取は厳しいかも…)

 

まとめ


今まで着ていたダウンが10年物ということもあり、数年欲しいと考えていたラベンハムを購入しました。真冬の寒さはこれからですが、見た目、品質、コンパクトさは問題なし。大切に着ていきたいと思います。

以上、ラベンハムの購入と秋冬アウターをご紹介しました。

 

 

骨格&カラー診断の記事はこちら。
骨格診断を受けました。ウェーブは足し算ファッション
【ワードローブ公開】カラー診断を受けて。手持ち服とのギャップとこれから

ファッションの関連記事はこちら。
【ブーツ購入】家でゆっくり試着!往復送料無料の3店舗を利用して、気づいたこといろいろ
ユニクロ・サロペットの着回しコーデ。秋の7パターン