読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

週末前の作り置き。大根1本使い切り&冷凍で時短

食-レシピ

スポンサーリンク

 

週末を家族とゆっくり過ごしたり、外出から帰ってすぐに食事の準備ができるよう、週末前に作り置きをしています。

土日とも出かけましたが、夕食は作り置きに助けられました。
今回は、冬においしい大根の使い切りを含む、4品をご紹介します。

作り置き12.2、4品

 

作り置き4品

大根としょうがのおかか炒め

作り置き12.2、大根としょうがのおかか炒め

しょうがとおかかの味が、大根とよく合います。小2息子が気に入り、お代わりを。

参考レシピはこちら。大根の皮を剥かずに炒めたところ、時間がかかりました。皮は剥くのがおすすめです。

cookien.com 

材料

  • 大根1/2本
  • しょうが1かけ
  • みりん大2
  • 醤油小2
  • おかか小分け1袋

手順

  1. 大根は約4cm幅に切り、皮を剥いて細切りに。しょうがは千切りまたはすり下ろす
  2. フライパンに油を熱し、しょうがを香りが出るまで炒める
  3. 2に大根を加えて、透き通るくらいまで炒める
  4. みりんと醤油を加え、水分が飛んできたら、おかかを加えて混ぜて完成

 

ツナと大根の煮物

作り置き12.2、ツナと大根の煮物

「もっとつくおき(nozomi著)」を読み、冷凍した大根は煮込み時間が短縮できるということで、試してみました。
書評はこちら→「もっとつくおき」nozomi著 を読んで。作り置きサイト「つくおき」とは違った魅力が 

確かに、火の通りが早いと感じました。冷凍は煮物だけでなく、1品目の炒め物でも応用できると思います。
参考レシピはこちら。 

cookien.com

材料

  • 大根1/2本
  • ツナ缶(水煮)1缶
  • みりん大2
  • 和風だし小1
  • 醤油大1.5

手順

  1. 大根は3〜4cmの厚さに輪切り後、十字に切り、一晩冷凍する(皮つきでOK)
  2. 2を鍋に入れ、水(かぶるくらい)、みりん、和風だしを加えて火にかける
  3. 煮立ったら火を弱め、大根がすき通るくらいまで煮る
  4. 4にツナ缶(汁も)と醤油を入れ、落としぶたをして煮込む
  5. 大根が柔らかくなったら火を止め、鍋のフタをしたまましばらく置いて、完成。お好みで小ねぎを散らす 

 

根菜とひき肉の赤味噌炒め

作り置き12.2、根菜と大豆たんぱくの赤味噌炒め

噛みごたえのある根菜を使った1品。赤味噌の味がしっかりついているので、おつまみにもおすすめです。
参考レシピはこちら。我が家はひき肉→大豆たんぱくにアレンジ。 

cookien.com

材料

  • 豚ひき肉約250g(大豆たんぱくは乾燥状態で80g)
  • レンコン約160g
  • にんじん1/2本
  • 赤味噌大2

手順

  1. レンコンは3mmほどの薄切りに、にんじんは小さめの角切りにする
  2. 1を柔らかくなるまで茹で、ザルにあげる(蒸してもOK)
  3. フライパンに油を敷かずにひき肉を炒め(大豆たんぱくは油を敷く)、色が変わったら、1を入れて炒める
  4. 3に水大2と赤味噌を入れてよく炒め、最後に塩で味を調えて完成

 

具だくさんのひよこ豆スープ 

作り置き12.2、具だくさんひよこ豆スープ

蒸したひよこ豆を使った、寒い冬にぴったりのコンソメスープ。
レシピはこちら。今回の具は、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、しめじです。 多めに作り、土日の2日間で食べました。

www.hoshinokiiro.com

 

まとめ


今回は、大根を半分使うおかずを2品ご紹介しました。旬の大根は安くておいしいですが、調理時間がかかりがち。冷凍で時間短縮できると助かりますね。
よろしければお試しください。

 

これまでのレシピはこちら。 

www.hoshinokiiro.com

www.hoshinokiiro.com

 

おすすめトラコミュ

毎日のごはん

常備菜

旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物