シンプルライフで楽に楽しく

小4息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

【書評】「好きなことだけやって生きていく」という提案(角田陽一郎 著)。成功者から学ぶ、好きをつくり仕事につなげるコツ

スポンサーリンク

 

「好きなことを仕事にしたい」と思いつつも、実際はそう上手くはいかないということはありませんか?

今回はTBSに約20年勤めた著者が、一緒に仕事をして魅力的に見える人・成功している人に共通するコツについて書かれた本を紹介します。


読んでみて「好きなことだけで生きていく」は今すぐは無理でも、コツをやり続けていけばできそうという希望が持てました

印象的だった3つのポイントを紹介します。

 

気になることはすぐ「検索」

どんなに楽しいゲームでも、やり方やルールを知らなければ楽しめないもの。

人は、知らないものを「好き」にはなれません。

逆に、その物事について知っていることが多いほど「好きなこと」になる可能性が高くなっていく

今はスマホですぐに検索できる時代。

いろいろなことに興味を持つ→知らないことは調べることで、新たに好きなことが見つけられそうです。


検索をして面白くなくても「好きでないことがわかった」という収穫が。

「あとで調べよう」と思っても大抵のことは忘れてしまうものすぐに調べる習慣を身につけたいですね。

 

 

情報をアイディアにつなげる

「新しいものを作る」時に、ゼロから作り出そうとすることはありませんか?

しかし、世の中で「新しい」とされているものの多くは本当の意味で「新しい」のではなく「既存のもの」同士の組み合わせから生まれることが大多数なのです。

たとえば、乳酸菌チョコレート←乳酸菌×チョコレート、相撲ブーム(相撲×女性)のように


組み合わせを考える材料として役立つのが「情報」ですが、ただ得るだけでなく、ひと手間をかける必要があります。

それは、

一つひとつの情報に対して「どうして?」と考えてみる

です。

  • 〇〇が売れている→どうして売れたんだろう?
  • 人から「〇〇がおもしろい」と言われた→どうしてあの人は、おもしろいと思ったんだろう?

と考えてみることで、情報というアイディアの種から花を咲かせることができるそう。

先ほどの検索と同じように、習慣にしたいですね。

 

成功できる人とできない人の違い

「好きなことだけやって生きていく」ためには、「好きなこと」で成功する必要があります。

紹介されていた成功していない人の7つの共通点です。

  1. 出会いを無駄にする
  2. 理由をつけて、すぐに諦める
  3. 他人の目を気にしすぎる
  4. こだわるポイントが的外れ
  5. テクニック論に走る
  6. 自分の善悪の基準で、物事を判断する
  7. 「私は違う」と、すぐに言う

 

f:id:kiiroihoshi:20180429121230j:plain

 

逆にすれば、成功している人の共通点に。

  1. 一つひとつの出会いを大切にし、関係性を長く続ける
  2. うまくいかなくても、ある程度の期間、継続して努力できる
  3. 「もう少し他人の目を気にした方がいいのでは」と心配になるくらい大胆
  4. 本当に大事な表現以外は、信頼して周りに任せる
  5. 技術は手段のひとつにすぎないと考える
  6. 仕事相手や受け取る側の基準を観察し、合わせる
  7. 自分を特別とは思わず、本当に大事な一部を除いて他人のアドバイスに素直に従う

いかがでしょうか?

成功するためには成功者のマネをするのが近道。私も思い当たる点を直していきたいです。

 

まとめ

今回紹介したポイント3つです。

  1. 気になることはすぐ検索
  2. 「どうして?」で情報をアイディアにつなげる
  3. 成功している人の7つの共通点

いきなり「好きなことだけやって生きていく」のは難しいですが、できることから始めて「好きでもない仕事」に使う時間を減らしていきたいですね。

 

*参考にしたいブログが集まります(にほんブログ村テーマ)*
▶書評が集まります◀
自己啓発、自己開発、自己改革、能力開発
仕事術・ライフハック
自己啓発関連、夢をかなえ成功するための本
本・感想・評論・レビュー


▶こちらもどうぞ◀
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
もっと心地いい暮らしがしたい!
ミニマリストになりたい
シンプルで豊かな暮らし

 

↓ ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↓ 暮らしの”ノウハウ”が集まる「もの、ごと。」に参加しています ↓

いつもたくさんの応援をありがとうございます。
昨日は、ジムの先生に「上手になりましたね〜」とほめられてうれしかったです♪