読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

冷えとり健康法

冷えとり 冷えとり-考え

スポンサーリンク

突然ですが、冷えとり健康法をご存知ですか?

最近はタレントのベッキーやSMAPの草彅君のおかげで、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

冷えとりは、進藤義晴医師が提唱される健康法です。

心臓から最も遠い足先の温度は約30~31℃で、上半身より約5~6℃低いと言われます。

この温度差を冷えといいます。

 

人間は(実は動物も)誰でも冷えがあり、この冷えにより体の不調や病気が起こるといわれます。

 

することは、

  • 半身浴
  • 靴下の重ね履き
  • 小食(腹7分目くらい)

です。

 

一番大事なのは半身浴ですが、1日中お風呂に入っている訳にもいきません。

そこで、お風呂の時間以外は靴下を重ね履きして足を保温します。

 

 私が冷えとりに出会ったのは4年前で、今年で冷えとり歴5年目になります。

きっかけは、我が家には息子が1人いますが2人目希望で、今でいう妊活で始めました。

まだ2人目はいないのですが、体調の変化を感じています。

 

  • 2、3か月で生理痛がなくなった
  • 疲れにくくなった
  • 痩せた

 

私は靴下3枚からスタートしました。

今では外出時は10枚、家の中では13枚、寝る時は18枚です。

 

靴下10枚なんて信じられない!と思う方がほとんどでしょう(はじめは私もそうでした)。

しかし始めてみると足が温かいのは気持ちが良く、もう靴下1枚には戻れません。

 

今では夫や息子も重ね履きをしています。

(仕事や学校の関係で枚数は少ないですが)

 

記事が長くなりますので、オススメ靴下などは別記事にします。

進藤先生の著書は何冊かありますが、この本が基本の一冊です。

新版 万病を治す冷えとり健康法

新版 万病を治す冷えとり健康法