シンプルライフで楽に楽しく

小3息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

【京都】丹波ワイン。和食に合うワインと地産地消レストラン

スポンサーリンク

 

先週末に、京都の北・京丹波町にある「丹波ワイン」へ行きました。 

ワイナリー見学&充実の試飲と、地元の野菜を使ったレストランをご紹介します。

 

京都・丹波ワイン

京都市内から天橋立へ向かう「京都縦貫自動車道」使って約1時間の、里山にあります。

 

ワイナリー見学 

照明機器メーカーの社長が「和食に合うワインを作りたい」という想いから、ワイナリーが誕生しました。 

ワイン畑が広がります。

ビニールの屋根は雨除けです。日本はフランスに比べると雨が多いので、品種によって必要とのこと。

 

ワイン用のぶどうは、1房に実がぎっしり詰まっています。 

甘いですが、皮が厚いため食用には不向きだそう。残念!

 

ワイナリーを見学します。

 

ぶどうを搾る圧搾機。

 

工場内の製造ライン。 

ぶどうを収穫した9~10月頃の平日に、動いたラインが見えるそう。

 

熟成中の樽が並びます。

 

試飲タイム

ワイナリー見学後は、お待ちかねの試飲。 

日によって種類が異なり、今回はこちらの6種類をいただきました。 

 

全体的にさっぱりで、どれも飲みやすかったです。和食に合うに納得。

アルコールが飲めない方の無料ジュースはありませんでした。(有料でジュースの試飲あり)

今回は車で行ったため、ドライバーの夫は雰囲気のみ。夫用に赤ワインを1本買いました。次回は電車で行きましょう!

 

レストラン

ワイナリーに併設されているレストラン「duTamba(デュタンバ)」でランチをしました。地元京丹波で育った野菜を使った、地産地消のお店です。

窓側の席からは、ワイン畑の景色が楽しめます。

 

時間が少なかったので、3種類から「和(なごみ)」コース2,000円を選択。

  • 季節の野菜スープ:大根と玉ねぎの冷製ポタージュ
  • パン:バケット、ブルーベリー入りパン
  • メイン:京丹波ポークの厚切りロースト
  • 本日のデザートと紅茶:抹茶パウンドとコーヒームース

冷製ポタージュはさっぱりで、手間がかけられている印象。ローストポークは厚切りでボリュームたっぷり。グリル野菜が敷かれています。

コーヒームースは大人のデザート。どれもおいしかったです。座席数が少ないため、予約がおすすめです。

 

おわりに

和食に合うワインというコンセプト通り、あっさりしたワインが中心といった印象。レストランは雰囲気がよく美味しかったので、また行きたいです。

土日祝のみ、JR嵯峨野線・園部駅-ワイナリー間で無料送迎があります(要予約)。せっかく行くからには公共交通機関を利用し、ワインの試飲を楽しみたいですね。

以上、京都・丹波ワインの工場見学とレストランのご紹介でした。

公式サイトはこちらです。
京都丹波ワイン公式サイト

 

~ブログ村トラコミュ~

▶京都の情報が集まります◀
京都
京都散策
ワンダフル♪ 京都!!
中部・北陸エリアからのドライブ
 

▶夏休みのお出かけに◀
国内旅行
温泉
旅行情報局
 

▶こちらもどうぞ◀
料理、スイート、旅行
あなたの街のオススメグルメ
子どもとおでかけ♪