読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

小さな気づきと勇気で人を幸せにできる。ある朝のできごと

小さなつぶやき

スポンサーリンク

f:id:kiiroihoshi:20160623060735j:plain

 

先日は朝から幸せな気持ちをいただき、気づきと勇気について考えました。

 

ある朝のできごと


小2息子の集団登校の集合場所はマンション1階ロビーです。息子が家を出て少ししてからロビーから家のインターホンに連絡があり、夫が出ました。息子から「傘を忘れたから持ってきてほしい」とのことでしたが、夫は着替え中だったため私が行きました。(私がインターホンに出たならば取りに来させます、笑)

 

傘を持って下りのエレベーターを待っていると、エレベーター隣の階段から足音が。振り返ると同じ登校班の6年生・O君でした。

私が「おはよう」と声をかけると、「あ、傘。持って行こっか?」とO君。「ありがとう!助かる~!!」と私。

傘をお願いし、私は家に戻りました。

 

f:id:kiiroihoshi:20160623060741j:plain 

 

小さな気づき


傘をお願いできてラッキーという気持ちが先に出ましたが、後から考えると、一瞬で私が忘れものを届けに行くと分かったO君に感心しました。観察力・状況判断力とでもいうのでしょうか。

「朝の登校時間に子ども用の傘を持つ母親」というシチュエーション、頭で想像するときは忘れものだと分かるかもしれませんが、いざその場面が目の前にある時、とっさに判断できるか…というと難しいのではないでしょうか。

 

小さな勇気


マンション内で顔見知りとはいえ、毎日会って話す機会はない・子ども同士が一緒に遊ぶこともないという間柄。その40過ぎのオバサンに小6男子が「~しようか?」と声をかけるのは勇気がいるだろうなぁと思いました。

たとえ、忘れものかも…と気づいても「違っていたらイヤだな」や「面倒だ」と思い、何も言わずに済ますこともできます。それでも声をかけてくれたのが、私はとてもうれしかったです。(もしかすると、違っていたら…などどいう考えが出てこない純粋さを持っているのかもしれませんね。)

 

f:id:kiiroihoshi:20160623060745j:plain

 

気づき + 勇気 → 幸せ


気づきと勇気が行動になり、その行動が人の喜び・幸せにつながっていくのだと感じました。

O君の優しい気持ちで幸せな気持ちをもらった朝でした。小2息子もこんな賢くて勇気のある優しい子に育ってもらえたらうれしいです。そして、いい大人になった私は面倒だなどという邪念が先に出がち。見習いたいと思います。

 

おすすめトラコミュ

小さな幸せ

人生はシンプルだ!

笑顔になれる子育て