シンプルライフで楽に楽しく

小3息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

【本】神社で引き寄せ開運(白鳥詩子 著)。「おみくじ」を引く時に押さえておきたいポイント3つ

スポンサーリンク

 

「神社で引き寄せ開運」の本を読みました。

特に面白いと思った、「おみくじ」を引く時のポイントを3つご紹介します。

神社で開運、おみくじ

 

おみくじ・3つのポイント

おみくじは神様からのメッセージ

神さまからのメッセージを受け取るには、神さまに聞きたいことをちゃんと質問することが大切とありました。

おみくじを引くときには、自分が何について、神さまからどんなアドバイスをいただきたいのかをきちんと伝えてから引きましょう
間違っても「大吉! 大吉」と願って引くものではありません(笑)。

「大吉」と願いながら引く方、おられませんか?まさに私。今度からやめます。

 

カレー屋さんの法則

神さまへの質問の仕方は、具体的にピンポイントで質問するのがコツだそう。

本書ではカレー屋さんで注文する例がありました。

カレー屋さんでは、このように細かく注文するのではないでしょうか。

  • どんなカレー?→グリーンカレー、キーマカレー…
  • 辛さのレベルは?→甘口、中辛、激辛…
  • ライスは?→白米、雑穀米、タイ米…
  • トッピングは?→卵、野菜、カツ・・・ 

神社で開運、カレー

 

曖昧な質問には曖昧な答えしか受け取れず、納得する答えを得るためには神さまに具体的に伝える必要があるとのこと。

誰かに相談ごとをする場合と同じですね。

転職したいと考えている場合の例が紹介されていました。

今はこういう仕事をしています。もう少し自分の力を発揮できるような会社に転職したいと思っています。それをかなえるために、今、私がすべきことについてアドバイスをください。

すると、おみくじに書かれていることが具体的なメッセージとして読み取ることができるそう。参考にしてみてくださいね。

 

凶こそ蜜の味

おみくじで「凶」が出たら、皆さんはどうお感じになりますか? 

著者によると「凶こそ蜜の味」だそう。

「凶」が出たということは、「それはよくない」「やめたほうがいいよ」と事前に教えてもらえたことになるからです。
もし、そのまま突っ走ったら、とんでもないリスクを背負うことになるかもしれないのを回避できるのです。

納得です。

具体的に神さまに質問するからこそ、「凶」のメッセージを読み取ることができるのではないでしょうか。

 

神社で開運、鳥居

 

二度引きはNG!

おみくじは神さまのご神意をお伺いするものなので、「不本意であっても引きなおすことは控えましょう」と著者。

長い人生を見据えると「神さま、止めてくれてありがとうございます」とお礼を言いたくなる日が必ずやってくるから、次の選択肢を選びましょうとのこと。


その通りだと思います。

聞きたくないことこそ当たっていることが多いのではないでしょうか。

 

おわりに

おみくじは神さまのご意向を伺うものなので、参拝後に引くものだそうです。

忙しい毎日ですが、神社へ行って日頃の感謝を伝える余裕を持ちたいものですね。

以上、「神社で引き寄せ開運」より、おみくじの3つのポイントをご紹介しました。よろしければお試しくださいね。


本書はこちら。日本神話や参拝のお作法、お守りについての解説があり、神社に行く前に読むとより楽しめそうな本です。