読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

MNPレビュー、みおふぉん&楽天モバイルからFREETELへ。

スマホ・携帯 スマホ・携帯-MVNO

スポンサーリンク

MNP(2016.8)  by pixabay

 

夫婦そろってFREETELにMNPをしました。

手続きの流れと費用などをご紹介しますね。

 

今回のMNP


これまでの契約は、夫:みおふぉん3GB、私:楽天モバイル3.1GBでした。いずれも音声通話付き。しかし自宅はNTT光回線でWi-Fiを使い、2人とも月々のデータ使用量は1GB未満。データ量は少なくてもいいと思い、1GB定額プランのあるFREETELに乗り換えることにしました。

みおふぉん・楽天モバイルとも使い心地は問題なく、不満はありませんでしたよ。

 

乗り換え検討の記事はこちら。

www.hoshinokiiro.com

 

MNPの流れ

1.MNP予約番号の取得


みおふぉん、楽天モバイルともに手続きは会員ページから行いました。発行は即日ではなく、サイトにはみおふぉん4日、楽天モバイル3日ほどかかるとありました。しかし、実際は翌日に取得できました(土曜日夕方に申し込み→日曜夜に発行)。

 

2.FREETELのSIM購入


FREETELのサイトでプランとSIMカードの大きさを選びます。我が家は定額プラン1GBに。現在ネット基本料0円のキャンペーン中です。

最大3年間0円キャンペーン|FREETEL(フリーテル)の格安SIM

 

購入時にMNP予約番号が必要です。

午前11時までの注文で最短翌日着、地域によって異なります。詳しくはこちら→配送について | 購入ガイド | FREETEL(フリーテル)

 

3.切替えセンターへ連絡


ヤマト運輸でSIMが到着。受け取る時には免許証などの本人確認が必要です。

荷物はこちら。説明書にある切替えセンターへ連絡します(受付時間は9-18時)

MNP(2016.8) 、荷物

 

センターへ連絡後、SIMを入れ替えてAPN設定をするとすぐに使えるようになりました。電話連絡から使えるようになるまで約30分、スマホが使えない期間がほぼないのに感動です。

 

4.SIMカード返却


今まで使っていたSIMカードを郵送で返却します。

 

料金について

MNPでかかった費用


MNP転出手数料(みおふぉん、楽天モバイル):3,240円×2→6,480円

MNP事務手数料(FREETEL):3,240円×2→6,480円

楽天モバイルは16日以降の解約は翌月が解約月。9月分の使用料として1,730円

(みおふぉんは月末締め)

計:14,690円

 

月々の支払い


3GB→1GBで、基本料金1,730円(税込) → 974円(税込)に。2人で月々1,512円の節約。

基本料金974円は、9/5までのネット基本料0円のキャンペーン価格です。

平均して今まで夫婦で月々の支払い5,000円だったのが、3,500円になりそうです。

 

MNPでかかった費用14,690円は10か月で元がとれる計算です。

 

まとめ


関西在住の我が家は、土曜日夕方にMNP予約番号申し込み→火曜日午後にFREETEL開通と、3日間でMNPができました。

店舗へ行かずに家で手続きが済み、使えない期間はほぼゼロ。APN設定も分かりやすい説明があるので問題なくできました。FREETELの速度や通話については、しばらく使ってからレビューしたいと思います。 

 

以上、みおふぉん&楽天モバイル→FREETELのMNPをご紹介しました。MNPの検討をされている方の参考になれば幸いです。

 

おすすめトラコミュ

スマホ

MVNO(仮想移動体通信事業者)

節約ライフ