読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

フードプロセッサーで簡単とろろご飯。浅草で食べた味を自宅でも

食-レシピ

スポンサーリンク

とろろご飯

 

先月東京へ旅行した時に、浅草でとろろご飯を食べました。

息子がとろろご飯を気に入り「家でも食べたい」と言うので、作ってみました。

 

材料


大和芋または長芋。これだけです(笑)

重さ350g、約300円で購入。

とろろレシピ、大和芋

 

普通の長芋でもできますが、大和芋のほうが粘りが強いです。

粘りがある方がとろろご飯を食べてます感が強いのではないでしょうか。

 

 

手順


1.フードプロセッサーのおろし刃をセット

とろろレシピ、FPおろしカッター

 

我が家のフードプロセッサーです。

購入して約4年になりますが、よく活躍しています。

 

2.大和芋の皮をむき、小さめに切って入れる

とろろレシピ、大和芋おろし前

 

 

3.ガーッと回すと、みるみるうちにおろせます

とろろレシピ、大和芋おろし後

 

こちらのサイトで動画を見ることができます。

フードプロセッサーでできるコト:とろろ篇(おろし・とろろカッター)【パナソニック公式】 | チャンネル パナソニック | Panasonic

 

4.完成

とろろレシピ、タッパー入り

皮つきで 350g の大和芋から、260g のとろろができました。

ご飯2合と一緒に食べて、大人2人+小1息子がお腹いっぱいになりました。

 

 

浅草のお店ではテーブルに来た時、とろろが薄茶色でした。

すでにとろろに味付けがしてあったと思われます。

トッピングに青のりがついてきました。

 

我が家はとろろをご飯に乗せた後、醤油をかけました。

とろろレシピ、とろろご飯

 

 

フードプロセッサーでレシピと言えないほど簡単にできます。

短時間でパパッとできるヘルシーなとろろご飯、おススメです。

よろしければ試してみてくださいね。

 

フードプロセッサーはパンを作る時にも便利ですよ。

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

浅草でとろろを食べた時の記事はこちらです。

rakunitanoshiku.hatenablog.com