読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小3息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

顔や体も洗える万能洗剤・松の力(森のなかま)。多用途使いで洗剤をここまで減らしました!

スポンサーリンク

 

昨日は洗濯用の洗剤置き場を移動し、棚を一つ処分した記事を書きました。 

今回は洗濯に使っている洗剤を、他の用途とともにご紹介します。

洗濯用洗剤、タイトル

 

多用途の洗剤たち

普段の洗濯に

2種類あります。

◆酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

茶渋やふきんの漂白でおなじみの酸素系漂白剤。我が家では食洗機の洗剤にも使っています。

洗濯槽のピロピロわかめ対策として、普段の洗濯に使って半年経ちました。

きっかけは、ブログ「cozy-nest」尾崎友吏子さんの本です。

 

40℃くらいのお湯を使って20分以上つけ置きするというコツを守ればOK。

こちらの記事によると、つけ置きなしでも大丈夫だそうです。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)での洗濯 - 石鹸百科

ただしシルク製品は、他の洗濯物をつけ置きした後に投入しています。
我が家は冷えとりをしており、下着類はシルクが多いです。
使い始めの頃にシルクもつけ置きしたところ、生地がガサガサになってしまいました。

先日、半年ぶりに洗濯槽の掃除をしたところ、ピロピロわかめが全く出ませんでした!

洗濯槽の掃除

 

◆松の力(森のなかま)

松の力

松の樹液から作られた、体に優しい洗剤。「森のなかま」も、開発者が同じです。

袋から右のボトルに移して使います。

我が家では夫の作業着は普段着とは別に洗っており、帰宅後に夫自ら洗ってくれます。

酸素系漂白剤は40℃のお湯&つけ置きが必要で、夫には負担だろうということで、松の力を使っています。私も時間がない時は使います

洗剤ですが、何とシャンプー・ 洗顔料・ハンドソープにも使えるのです!

お風呂場は泡ボトル1本で済んでいます。(お風呂洗いも兼ねています)

 

オシャレ着洗い 

マザータッチ

ミネラル水が原料で飲んでも無害なくらいやさしい洗剤。

セーターやシルク製品だけを洗う時に使います。普段の洗濯にも使えますが、ややコストがかかります

普段の入浴剤は食品グレードの重曹を使いますが、たまにマザータッチを入れることも。ヒノキの香りで癒され、体も温まります。

 

断捨離候補

ワイドハイター

酸素系漂白剤と用途が重なるため私はほとんど使いませんが、たまに夫が使っている様子。

 1L容器の半分ほど残っているので、小さい容器に移せないか思案中です。断捨離したいというのが本音

 

多用途使いがモノを減らすコツ

洗濯用の洗剤で3つは多いようですが、シャンプーなど他の用途に使っているものばかり。ワイドハイターは除く

ストックを置く場所が少なくて済み、在庫管理がラクです。

以上、我が家が愛用している多用途使いの洗剤のご紹介でした。


洗剤置き場をご紹介しています。
【公開】洗面所の棚を処分。洗濯機周りがスッキリしました

 

洗濯、茶渋などの漂白、食洗機に

 

洗濯、シャンプー、洗顔料、ハンドソープに

 

おしゃれ着の洗濯、入浴剤に

 

ブログ村トラコミュ

掃除&片付け

すっきり暮らす

地球にいいコト

節約ライフ

ミニマリストになりたい