読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

2年以上着用したシルクシャツの姿~まだ捨てません

冷えとり 冷えとり-アイテム(衣類)

スポンサーリンク

夏に向けて、夫のシルクタンクトップを購入しました。

夫も冷えとりをしており、こちらの記事でご紹介したものです。

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

我が家はお得な3枚セットを購入します。

 

3枚セットは購入時は高いという印象ですが、シルク製で2年着用と考えるとそんなに高くないのではないでしょうか。

薄くて洗濯をしても乾くのが早く、旅行におススメです。

ホテルは乾燥しがちのため、寝る前に洗濯しておくと朝には乾きます。

 

2年以上着用したものと比較してみました。

夫シルクシャツ新旧比較

画像左:2年以上着用、右:新品

 

新品はこんな色だったのですね!

久しぶりに見て、色あせ具合に驚きです。

縁はボロボロになり、生地も薄くなっています。

気づきませんでしたが、かなり伸びていますね。

 

今までどうもありがとう。

しかし、まだまだ捨てません。

穴の開いたシルク靴下の当て布に使います。

 

このように大穴が開いた靴下も…

穴あき靴下 補修前

     ↓

当て布で補修すると、まだまだ履けます。

穴あき靴下 補修後

 

冷えとりをされていない方は、"靴下に大穴が開きその補修をする"ということを普段しないのではないでしょうか。

シルク靴下に穴が開くのは、体の中の"毒=老廃物"をシルクが吸い取ってくれたためです。

 

冷えとり靴下は一足の値段が高いので、穴が開いても縫って履きます。

ありがたいことにシルクの当て布は大抵、端を切りっぱなしでもほつれてきません。

靴下に限らず、スパッツ・レギンスも補修します。

お裁縫が上手な方は、見えてもおしゃれな補修をされているようです。

(私は裁縫下手なので、外に見えない部分限定です)

 

靴下を重ね履きする冷えとり健康法につきましては、こちらの記事をご覧ください。

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

 

靴下の穴に関する、息子のやり取りを思い出しました。

以前、息子の友達の靴下の親指部分が破れたことがありました。

息子が「家で縫わないとね」と言うと、

友達のお母さんは「えっ!?そ、そうね…」

と驚き、苦笑していました。

 

今の時代、破れた靴下を縫うということはしなくなりましたね。

私が子供の頃、かかとが薄くなった靴下に母親がつぎはぎをし、でこぼこして嫌だった経験があります。(遠い昭和時代の話です)