読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

有馬温泉旅行記~メルヴェール有馬宿泊レポ

お出かけ お出かけ-関西

スポンサーリンク

昨日から1泊2日の有馬温泉旅行記を書いています。

 

 

今回は宿泊したホテルをご紹介します。

メルヴェール有馬です。

 

公式サイトはこちら→有馬温泉 旅館 | メルヴェール有馬公式ホームページ

 

会員制ホテルですが、我が家は会員ではなく楽天トラベルから予約しました。

有馬温泉駅から徒歩2分のところにあり、有馬の街散策にとても便利です。

 

街中ですが、我が家は少し道に迷いました。

有馬温泉駅とローソンの間の、細い道を上ると右側にあります。

メルヴェール有馬近くのローソン

 

ホテル入口と、フロント前の売店です。

売店には、有馬名物の炭酸せんべいの試食がたくさんありました。

メルヴェール有馬入口 メルヴェール有馬売店

 

15時からのチェックインですが、14時過ぎに到着しても嫌な顔ひとつされず部屋に入れてもらえました。

チェックアウトは11時です。

フロントには人がいることが少ないですが、呼び鈴で鳴らすとすぐに出てきます。

 

立体駐車場がありますが駐車場が足りず、通路にもきつきつに停めていました。

車のキーをフロントに預ける必要があります。

 

部屋

夫婦と小1息子でトリプルルーム(ツイン+エキストラ)です。

そのため部屋が手狭で、スーツケースを広げる場所はありません。

メルヴェール有馬部屋

 

ベランダからは有馬温泉駅が見えます。電車好きの息子は大喜びでした。

メルヴェール有馬部屋からみた景色

 

室内にあったお茶です。右側2つは売店で販売していました。

メルヴェール有馬部屋のお茶

 

アメニティ:歯ブラシ、くし、カミソリ、シャワーキャップ

バス・トイレ:ビジネスホテルのようなユニットバス

貴重品ボックス:部屋になく大浴場にあり。部屋に貴重品袋がありました。フロントに預けるのでしょうか?

ホテル内は、浴衣とスリッパでOKでした。

 

夕食

朝夕食付のプランにしました。(季節懐石・緑風コース)

夕食時間は、17時半と19時半から選択します。

味は美味しく見た目も綺麗でした。

量はいつも少食の私には多く、夫もお腹がいっぱいになりました。

 

食前酒・前菜・お造り・穴子寿司、アユ塩焼き

メルヴェール有馬夕食1 メルヴェール有馬夕食2

 

牛肉すき焼き、茶碗蒸し・鰹たたき・ご飯・赤出汁

メルヴェール有馬夕食3 メルヴェール有馬夕食4

 

大人のデザートと小学生用の松花堂弁当。息子は食べきれず、夫が手伝いました。

メルヴェール有馬夕食5 メルヴェール有馬夕食子供用

 

お風呂

内風呂、野天風呂2か所あり、入れ替え制ではありません。

15時~24時(野天風呂は23時)。朝は6時~10時です。

私は朝型なので、5時頃から入れるとよかったです。

 

お風呂の入り口に、無料のお茶・冷水・コーヒーがありました。

嬉しいサービスですね。

 

内風呂

脱衣所:あまり広くなく、カゴが30個くらい。

お風呂:金泉・銀泉・ジャグジー・水風呂・サウナ。洗い場のシャワーは5,6個。

メルヴェール有馬内風呂(公式サイト)

 

野天風呂

行くまでの通路はまさに外。雨の日は傘が必要です。

銀泉で、洗い場はありません。

目の前がすぐ山で、電灯がありますが夜は少し怖かったです。

メルヴェール有馬野天風呂(公式サイト)

お風呂の画像は公式サイトよりお借りしました

 

朝食

和食バイキングで、7時から9時半です。

種類が多くて美味しかったです。

フレッシュフルーツがなかったのが残念でした。

メルヴェール有馬朝食1 メルヴェール有馬朝食2

 

メルヴェール有馬朝食3 メルヴェール有馬朝食4

 

メルヴェール有馬朝食5

 

まとめ

  • 立地が良い(中心街に徒歩で行ける、コンビニが近い)
  • 建物はあまり新しくないが、掃除は行き届いている印象
  • 金泉・銀泉両方に入れるのは、大きなメリット
  • 価格と設備・サービスを考えると、残念ながらリピはない

 

普段食事を作る主婦としては、上げ膳据え膳はとても嬉しかったです。

大きなお風呂にゆっくり入れて、リラックスできました。

有馬温泉、また行きたいです。

旅行記2日目に続きます。