読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

北海道流氷旅行記(網走・紋別)その2。流氷ノロッコ号に乗りました

お出かけ お出かけ-その他

スポンサーリンク

流氷、ノロッコ号機関車

 

2月に北海道へ流氷を見に行きました。

今回はJR北海道の観光列車・流氷ノロッコ号をご紹介しますね。

 

流氷ノロッコ号


オホーツク海沿岸の網走~知床斜里を走る、冬季限定の観光列車です。特に浜小清水~知床斜里間は海と線路の間に何もなく、電車に乗るからこそ見える景色を楽しむことができます。

ノロッコ号路線図 by JR北海道
画像はJR北海道のサイトよりお借りしました。

平成2年から運行していましたが、ディーゼル機関車の老朽化により2月28日で運行が終了してしまいました。

 

 

網走駅

 

駅前ロータリーです。歩道にも雪が積もっています。

流氷、網走駅ターミナル

 

網走監獄の撮影プレートがありました。今回は行けなかったので、こちらで記念撮影。

流氷、網走監獄パネル

 

作業員の方が線路の凍った雪かきをしていました。

流氷、網走駅線路除雪

 

真っ白な雪の中をレールが走ります。

流氷、網走駅雪の線路

 

特急オホーツク札幌行き。網走 → 札幌は特急で5時間以上かかります。

流氷、網走駅・特急オホーツク

 

 

流氷ノロッコ号


ディーゼル機関車です。この姿も見納めですね。

流氷、ノロッコ号機関車

 

客車は5両編成。1号車が自由席、2~5号車がこちらの展望車です。

流氷、ノロッコ号展望車外観

 

10時25分、網走駅を出発しました。

 

展望車の車内です。左側のオホーツク海が見える席は、窓に面したベンチ席になっています。

流氷、ノロッコ号・展望車内

 

だるまストーブがあり、車内の売店に売っている干物を焼いて食べることができます。

流氷、ノロッコ号・だるまストーブ

 

記念撮影用のパネルもありました。

流氷、ノロッコ号・撮影パネル

 

オホーツク海の流氷もきれいに見えましたよ。

流氷、ノロッコ号からのオホーツク海

 

11時22分、知床斜里に到着。網走から約37キロを1時間で走りました。

流氷、ノロッコ号・知床斜里駅ホーム垂れ幕

 

ホームで撮影などをした後、同じ列車で網走へ戻りました。

 

11時54分、知床斜里を出発。今日で最後のノロッコ号を駅員さんが見送ってくださいました。

流氷、ノロッコ号・知床斜里駅見送り

 

途中の北浜駅では10分の停車時間があり、展望台へ登りました。

流氷、ノロッコ号・北浜駅駅舎

 

展望台からは列車とオホーツク海が見えます。空と海の青・雪の白・電車の緑が鮮やかでした。

流氷、ノロッコ号・北浜駅展望台 

 

車内でお土産を買いました。 

流氷、ノロッコ号・チョロQ

 

12時55分、網走駅に到着。

流氷、ノロッコ号・網走駅看板

 

最初で最後の流氷ノロッコ号に乗ることができ、電車好きの息子だけでなく親も楽しめました。車窓から見た流氷が漂うオホーツク海の景色は印象的でした。

来季以降もこの列車を続けてもらいたいと思います。

以上、流氷ノロッコ号のご紹介でした。

 

北海道新幹線は間もなく開業ですね。関西からは遠いですが、いつか乗りに行きたいです。

流氷、ノロッコ号・北海道新幹線ポスター

 

流氷砕氷船に乗った記事はこちらです。 

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

おすすめトラコミュ

鉄道全般

観光&地域の情報

国内旅行