お出かけ

ウイスキーの魅力を発見!サントリー山崎蒸溜所ツアー。

山崎蒸溜所、テイスティング

 

サントリー山崎蒸溜所へ行きました。

大阪と京都の境にある山崎はウイスキーを作るための気候と水が最適であったことから蒸溜所が建てられ、「日本ウイスキーのふるさと」とも呼ばれます。

ウイスキー好きの夫が以前から行きたいと言っていた有料ツアーは、予約開始からすぐに満席になるほどの大人気。

ようやく予約が取れて行くことができました。

サントリー山崎蒸留所見学

アクセス

JR山崎駅、阪急大山崎駅から徒歩10分ほど。JRの線路沿いにあり、京都から大阪へ向かって進行方向の右側にあります。

山崎蒸溜所、外観

蒸溜所内に一般駐車場はなく、公共交通機関で行くのがおすすめです。

 

ウイスキー館

受付を済ませたら山崎ウイスキー館へ向かいます。

山崎蒸溜所、ウイスキー館外観

1階はウイスキーの歴史を学ぶ展示と有料テイスティングカウンターがあります。(安全上、テイスティングはツアー後のみ)

山崎蒸溜所、試飲カウンター

2階は「山崎」の誕生秘話などの展示とギフトショップが。ツアー集合場所にもなっています。

 

見学スタート

ガイドさん2名とともにツアーが始まります。

外国人向けにイヤホンガイド(英語・中国語・フランス語)もあり、私が参加した回は半分近くが外国人でした。

ウイスキー館を出てすぐ右手には操業開始当時使用していた蒸溜釜、左奥には創業者の鳥井信治郎(左)と息子の佐治敬三(右)の銅像があります。

山崎蒸溜所、操業当時釜と銅像

 

仕込み・発酵室へ移動します。

モルトウイスキーの原料は大麦。仕込槽へ麦芽を細かく砕いたものと水を入れ、麦汁を作ります。

山崎蒸溜所、仕込釜

 

ろ過した麦汁をこちらの発酵槽に移して酵母を加えることで、アルコールと炭酸ガスが発生。

できあがった発酵液は「もろみ」と呼ばれます。

山崎蒸溜所、発酵槽

発酵槽は木桶ステンレスの2種類。使い分けることでより美味しいウイスキーを作ることができます。

 

続いて蒸溜室へ。

発酵で得られたもろみを蒸溜釜(ポットスチル)で2回蒸溜し、透明なモルトウイスキー「ニューポット」を作ります。

山崎蒸溜所、蒸留釜

大きさや形の違う蒸溜釜を使うことで原酒を作り分けており、

  • ふくらみがある釜→雑味がない
  • まっすぐの釜→力強い味わい

が得られるとのこと。おもしろいですね。

 

最後は見学貯蔵庫です。

蒸溜されたばかりのニューポットは樽に詰められ、じっくり寝かせて熟成させます。

樽の中のウイスキーは2〜3%/年の割合で減少。左の樽は半分近くまで減っていますね。

山崎蒸溜所、熟成樽の中

樽の木の種類によってウイスキーの味や香りが大きく変わり、ワイン樽で熟成させることもあります。ビックリ!

 

暗い貯蔵庫を出ると目の前にはが。ウイスキーに欠かせない山崎の水です。

山崎蒸溜所、山崎の水

秋になると紅葉がきれいだそう。

 

テイスティング

見学後はおつまみつきのテイスティングタイム。

ていねいに香りをチェックした後、水を加えて味わいます。

山崎蒸溜所、テイスティング

ホワイトオーク樽とワイン樽で熟成したものを比べると、全くの別物

ワイン樽のほうがまろやかな印象で、ワイン好きの私は好みでした。

 

おわりに

ウイスキー作りに対するこだわり奥の深さを感じ、よく知らない私でも十分楽しめました。

製造工程の見学つきツアーは毎月1日に2ヶ月先までの予約ができます。(11月1日なら1月末まで、など)

ウイスキー館のみの見学(製造工程なし)は無料ですが要予約。有料ツアーより十分な余裕があります。

ウイスキー好きの方はもちろん、よく知らないという方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

新たな発見があることまちがいなしですよ!

 

↓参考にしたいブログが集まります(ブログ村テーマ)↓
観光&地域の情報

京都

京都散策

関西 おでかけ情報

旅行

 

↓ ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

いつもたくさんの応援をありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です