【リケジョのお悩み相談②】バイブル本と片付けをスムーズにするポイント

リケジョチャット3-2、タイトル

 

「子育てで断捨離ができない悩みをリケジョに相談」をテーマに、リケジョ3名のトークを4記事に分けてお届けしています。

メンバーはこちらの2名と私(きいろ)です。

 

こちらは2記事目。ミニマリスト歴が長いめぐさんがミニマリストになるきっかけのバイブル本、そして片付けをスムーズにするコツについて話しています。

早速ご覧ください!

1記事目がまだの方はこちらからどうぞ

きっかけは本とミニマリストのブログ

ゆう:メグさんがミニマリストになったきっかけはなんでしょう?

めぐです。カレン・キングストンさんの「ガラクタ捨てれば自分が見える」という海外の断捨離本で、部屋を片付けないと色んな弊害があることを知りました。体と部屋は繋がっているので健康にも影響があるというのが驚きで。その後はいっきに捨て始めました。

 

 

めぐ:数年後、ミニマリストのブログを見つけた時が2度めのきっかけです。物が極端に少ない部屋を見て衝撃を受けて自分もまだ減らせると気づき、さらに減らしました。ミニマムにすると掃除もラク管理の手間が不要になるので、ミニマリストにハマりました。

ゆう:ガラクタ本はかなり昔に出版されていますよね。私もその本を読んで、片付けしました。

めぐ:あの本はバイブル的存在だと思っています。こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」のような。

 

きいろ:私もガラクタ本を読みました。確かに衝撃を受けましたが、あまりにも生活がかけ離れている気がして、その時は行動は起こせませんでした。

めぐ:そうですか。細かい内容はともかく説得力があり、危機感から捨てましたね。たぶん私は怖がりなんだと思います・・。あとは子供がいないので、比較的家の中は自分の自由にできました。

 

片付けをスムーズにするポイント

リケジョチャット3-2、ガラーン部屋

ゆう:じゃあホントに、ミニマリストらしいガラーンとした部屋に?

めぐ旦那さんの部屋以外のスペースは私が管理しているので、家の中にモノは少ないです。ただ、新婚時代に購入した大物家具が場所を取っています。ダブルベッド、背の高い食器棚、ソファも今なら絶対買わないですが・・現在もあります。

ゆう:旦那さんの部屋以外は管理、というのは境界がはっきりしていていいですね!

めぐ:そうそう、ハッキリしてるので、旦那さんの部屋以外のものは、自分でさっさと決めて断捨離できる。これがスムーズに片づけられた理由かもしれません。

 

ワンオペ育児で多忙。片付けが進まない

ゆう:独身時代は物は少なく快適な暮らしをしていたのですが、結婚出産で家族が増えると同時に物も増えました。いま、自分の管理できる量を完全に超えています。探し物にかかる時間や、掃除の手間を省くために物を減らしたいのです。

めぐ:もともとは、ミニマムな暮らしをしていたのですね。でもお子さんが二人できたら、コントロールできなくなったと。

ゆう:そうなんです。夫は残業が多く親も頼れないため、できる限りやってはいるのですが・・。

リケジョチャット3-2、おもちゃ

 

で、自分なりに、うまくいかない理由を考えてみました。

  1. 片付け時間が細切れにしかとれない
  2. 持ち主が自分以外の物がある
  3. 子供の成長に合わせて新しい物がどんどん増える
  4. 入ってくる物のコントロールができない(子供へのプレゼントなど)

 

地道にやるしかないかな、と思っているのですが、終わりが見えません。既にミニマリストな生活を続けているお二人に、アドバイスやコツを教えていただきたいです。

 

まとめ

少ないモノで暮らすめぐさんがミニマリストになるきっかけは、断捨離本ブログでした。

流行語にもなった「ミニマリスト」は雑誌でよく紹介されており、幅広い年代や家族構成のミニマリストブログも数多くありますね。

そして、部屋(スペース)を管理する人を決めると片づけがスムーズも大きなポイントですね。

 

ここからは、ゆうさんのお悩みである

  • 小さい子どもがいても片付けの時間を作る方法
  • 子育て中に増えるモノへの対処法

について盛り上がったトークをゆうさんのブログで紹介します。

↓続きはこちらからどうぞ↓

www.yuslife.com

 

「子育てで断捨離ができない悩みをリケジョに相談」の記事一覧。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です