読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

冷えとり健康法~靴下編

冷えとり 冷えとり-アイテム(衣類)

スポンサーリンク

我が家は靴下の重ね履きで知られる、冷えとり健康法をしています。

今回は靴下をご紹介しますね。

 

冷えとり健康法については、こちらの記事をご覧ください。

rakunitanoshiku.hatenablog.com

 

冷えとりスタートにおススメの靴下


私は靴下3枚のセットから始めました。

 

現在、冷えとりを始める方におススメするならこのセットにします。(私が始めた頃にはありませんでした)

 

 

それからどんどん枚数が増えてゆき(笑)、10枚に至ります。

枚数が増えた理由は、単純に足が温かいと気持ちが良いからです。

 

 

昼間に履く靴下

外出時

 

  • 1枚目に内絹外綿5本指
  • 2枚目に内絹外ウール5本指
  • 3枚目に内絹外ウール5本指
  • 4枚目に内絹外ウール先丸
  • 5枚目に絹先丸
  • 6枚目にウール先丸
  • 7枚目に絹先丸
  • 8枚目にウール先丸
  • 9枚目に綿またはウール先丸
  • 10枚目に綿カバーソックス(一番外)

 

家にいる時


家に戻ると、さらに3枚増えます。(就寝時を除く)

  • 11枚目に綿カバーソックス(10枚目で破れた所を補修したもの)
  • 12枚目に分厚いウールのカバーソックス
  • 13枚目に綿カバーソックス(11枚目と同じ)

 

1枚目は絹(シルク)5本指、2枚目に綿(コットン)または毛(ウール)5本指、というように異なる素材を重ねていくのが基本ですが、私は1枚で2足分履く効果がある内絹外綿(または外ウール)を履いています。

厳密には2枚履くのとは違うのですが、枚数が少なくて2倍重ねた効果があるからです。

 

また、シルクは洗濯時の摩擦や直射日光に弱いので、綿やウールの内側のほうが傷みにくいと思います。

 

1枚目に外綿を履くのは、1枚目は毎日洗濯するからです。

綿とウールでは、綿のほうが洗濯に強いです。

 

洗濯の頻度

 

  • 1枚目と10枚目 → 毎日
  • 2~9枚目、11枚目と13枚目 → 3、4日に1度
  • 12枚目 → 1か月に1回くらい

 

1枚目と10枚目は洗い替えにそれぞれ3、4枚程持っていますが、他の靴下の洗い替えはそれぞれ1枚です。

 

 1枚目       2枚目         

 

 

3枚目        4枚目

 

 

5、7枚目               

 

 

6、8枚目

 

 

9枚目                  

 

 

10、13枚目     12枚目

 

 

 

就寝時に履く靴下


就寝時には、正活絹(せいかつけん)を履きます。

正活絹は進藤義晴先生の本で推奨されており、履くと気持ちが良いです。

しかし日中動く時にはゆるすぎるので、就寝時のみにしています。(価格も高いですし)

 

このような組み合わせで履いています。

  • 1枚目に絹5本指
  • 2枚目にウール5本指
  • 3枚目に絹先丸
  • 4枚目にウール先丸

 

5枚目以降は絹、ウールを交互に重ねます。

靴下を多く履くとゴム部分が重なって分厚くなるので、MサイズとLサイズを混ぜて履いています。

 

正活絹を大体16枚くらい履き、その上に分厚いウールのカバーソックス、最後に綿のカバーソックスを履きます。

踏んでも痛くなさそうな大足になりますが、踏まれたら痛いですよ(笑)

 

正活絹はこちらのお店がおすすめです。

 

 

以上、冷えとり靴下のご紹介でした。