読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

【ワードローブ公開】カラー診断を受けて。手持ち服とのギャップとこれから

ファッション ファッション-洋服

スポンサーリンク

最終更新2016.10.21

クローゼットを少ない枚数でお気に入りの洋服だけにするため、骨格診断とパーソナルカラー診断を受けました。

今回はパーソナルカラー診断の結果をご紹介しますね。

パントン by pixabay

骨格診断の記事はこちら→骨格診断を受けました。ウェーブは足し算ファッション

 

パーソナルカラー診断とは


パーソナルカラーとは、文字通り自分の似合う色のこと。顔の周りに似合う色を持ってくると顔色が良く見え、輪郭もハッキリして魅力的に見えます。

髪・瞳・肌などの色をもとに診断します。

色は青みがかったブルーベースの色と、黄みがかったイエローベースの色に分類することができます。

肌の色は人それぞれ違うので、似合う色も(例えば赤は赤でも)違います。

(カラーナビサイトより引用)

 

カラーは4つの季節のタイプに分かれます。

カラー診断、4タイプ(サイトより)

画像は上記カラーナビのサイトよりお借りしました。

スプリングとオータムはイエローベース、サマーとウィンターはブルーベースに分けられます。何となくわかる気がしませんか。

 

私は大丸京都店で、骨格とカラー診断を続けて行いました。料金は45分で3,240円、予約時間は11時~18時半、定休日は火曜日。骨格診断も同様

大丸松坂屋 ファッションナビ | 京都店

このように色々な布を顔の下に合わせてタイプを診断し、似合う色を探します。

カラー診断、大丸サイトより

画像は上記ファッションナビサイトよりお借りしました

 

結果は 1st サマー、2nd オータム


私は分かりにくいタイプだったようで、診断が難しかったそうです。

1st、2nd と2つの季節があるのは、同じサマーの中でもタイプが分かれるからです。私と同じタイプの芸能人は、井川遥、松たか子など。どちらもほど遠いですが…

 

似合う色に印をつけてもらいました。

赤枠が1枚で似合う色、青枠はカーディガンの下など面積が狭い所で使うとよい色。 

カラー診断、似合う色(サマー&オータム)

 

サマーはブルーベースです。

私は1stサマーですが、サマーの中でもルビーレッド・ジェイドグリーン・チェリーレッドといった明るめの色は合いません。逆にオータムやウィンターの中で、落ち着いた色は似合うそう。

カラー診断、似合う色(スプリング&ウィンター)

スプリングの若々しい色はまったく合いません、泣 

 

もし自分の好きな色が似合う色に入っていない時は、ボトムスや小物などで顔から遠ざければよいとのこと。

私はブルー・グレーが好きで、赤・ピンク系は苦手でした。今回ブルーベースのサマーと結果が出て、納得しました。

 

診断をもとに、手持ちの服で似合う・似合わないを見ていきます。

 

手持ちの洋服で似合うコーデ探し

1.セーター

画像が暗いですが、左はブラック、右はブラウンのセーターです。 

カラー診断、セーター比較

ブラックのセーターは、着ていて何となく合わないと感じていました。ブラックは誰にでも似合うはずだと思い込んでおり、なぜ自分に合わないのか分からなかったのですが、今回はっきりしました。

ブラックのセーターは、真冬の葬儀で母親が買ってくれたもの。着る機会は少ないですが、断捨離せずにとっておきます。

 

2.ボーダーカットソー

左のホワイト×グレーは、私にはホワイトが強すぎ。右のグレーベージュ×ベビーブルーのほうが、落ち着いた色合いですね。

カラー診断、ボーダー比較

右のカットソーは、実は息子のものです。(無印で購入) 

 

そこで、明るいベージュのベストを合わせてみました。

カラー診断、ボーダー&ベスト

ホワイトの面積が減り、ソフトな印象になったのではないでしょうか。 

 

3.半袖Tシャツ

同じデザインの色違いを持っています。

左の襟元のグリーンは、似合わないスプリングの色。着ていて違和感を感じないのは、グリーンの面積が少ないためでしょうか。右の配色は落ち着いた色で、まさに似合う色ですね(嬉)。

カラー診断、Tシャツ比較

Tシャツの記事はこちら→平日のアウトレットでお買い物~驚きの再会

 

4.長袖カットソー

春・秋・冬に着る3枚。並べてみると、青系の色を選んでいますね。

カラー診断、長袖シャツ比較

右端のカットソーは今秋に購入しました→秋冬トップスを2枚購入~アイスブレーカーとソウルベリー

 

5.薄手ニット

左のセーターはグレー、右のVカーディガンはボルドーです。 

カラー診断、ニット比較

 

2枚とも、このようにつけ襟を合わせようと思っていました。

付け襟、カーディガンと

しかし…つけ襟は無難だと思ったホワイトを選んでしまいました。ホワイトが強すぎますね。どうしましょう。見直しが必要ですね。 

 

診断を受けてみて


ホワイト(真っ白)やブラック(真っ黒)は誰にでも似合うと思い込んでいましたが、実はタイプによって合う・合わないがあることを実感しました。 

着る洋服の色が、顔色や印象に与える影響の大きさに驚きを隠せません。せっかくなら自分を魅力的に見せてくれるファッションがいいですよね。

 

今回カラーと骨格診断を続けて予約したため、約1時間50分通しで受けました。本来は1つの診断で45分なので、かなり丁寧にしていただきました。(覚えることが多すぎて、頭から煙が出ていたと思います)

 

ワードローブのこれから


2つの診断を受け、似合う色・デザインに入っておらず、着ていて違和感のあるものは断捨離します。気に入っているものは、そのまま着ます。次に購入する時に、似合うものを中心に探したいと思います。

 

今までより洋服選びが大変になりそうですが、「私には似合わない」と思い込んで試着もしなかった色・デザインにもチャレンジしたいと思います。そのためにも実店舗での購入は大切ですね。 

 

以上、パーソナルカラー診断とワードローブの見直し記事でした。

骨格診断の記事はこちら

骨格診断を受けました。ウェーブは足し算ファッション