読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフで楽に楽しく

小2息子・夫と暮らす主婦。毎日を楽しく暮らすために、モノを減らしたシンプルな生活を目指します。

伊丹市昆虫館。カブト&クワガタ好きな子供におすすめスポット

お出かけ お出かけ-関西

スポンサーリンク

伊丹市昆虫館、チョウ温室蜜皿

 

カブトムシやクワガタが大好きな小2息子と一緒に、兵庫県にある「伊丹市昆虫館」へ行きました。

 

伊丹市昆虫館

アクセス


JR伊丹駅からバスで約15分。途中で阪急伊丹駅も通ります。駅からのバスの本数が少ないので注意してください。車の場合は博物館がある公園駐車場(有料)が便利です。

 

入口です。

伊丹市昆虫館、外観

 

1階展示室


受付とミュージアムショップを通って最初の展示が10倍の森。小さい昆虫や葉っぱが10倍に拡大されており観察しやすくなっています。息子が指差しているのはカタツムリ、とにかく大きいです。

伊丹市昆虫館、10倍の森

 

こちらは200倍のミツバチ「ビッグ・ビー」。ミツバチが毛で覆われているのを初めて知りました。

伊丹市昆虫館、ビッグビー

 

こちらは企画展示室。伊丹で見られる昆虫から世界の珍しい昆虫まで展示されています。

伊丹市昆虫館、特別展示室

 

昆虫食コーナーや、

伊丹市昆虫館、昆虫食

 

虫の声を聞く「聴きゼミバー」などユニーク展示がいっぱい。

伊丹市昆虫館、聴きゼミバー

 

1階にはほかにカブトムシの生態展示や映像ホールがあります。

続いて、伊丹市昆虫館の目玉といえる「チョウ温室」へ向かいます。

 

チョウ温室


入口の扉にはチョウの数を示すパネルが。この日は何と1,050ひきもいるとのこと。

伊丹市昆虫館、チョウの数

 

扉開けると温かく緑豊かな空間。緩やかな上り坂になっています。

伊丹市昆虫館、入口すぐ

 

天井が高く開放感抜群。

f:id:kiiroihoshi:20160810131143j:plain

 

こちらは櫁皿。チョウが集まっています。

f:id:kiiroihoshi:20160810131145j:plain

 

たくさんのチョウがすぐそばを飛び、色鮮やかな花にも癒やされました。チョウ温室の出口は博物館2階につながっています。

 

2階展示室


虫のお面が並ぶ屋台。隣の鏡で自分の姿を見た息子は大爆笑。

f:id:kiiroihoshi:20160810131149j:plain

 

2階の展示室は企画展が行われます。8月末までは「虫の国から2016」。←超有名ドラマのタイトルそっくり、笑

f:id:kiiroihoshi:20160810131151j:plain

 

珍しいカブトムシ・クワガタの生態展示。

f:id:kiiroihoshi:20160810131142j:plain

 

カブトムシやクワガタは夜行性なので、暗い部屋では活発に動く様子が観察できます。

f:id:kiiroihoshi:20160810131150j:plain

 

2階にはほかに図書室や講座を行う学習室があります。

 

展望台


3階はスタッフ専用スペース、4階は展望台になっています。

博物館すぐ横の昆陽池(こやいけ)。

f:id:kiiroihoshi:20160810131153j:plain

 

チョウの形をした太陽光発電と花壇も見えます。

f:id:kiiroihoshi:20160810131154j:plain

 

まとめ


子供向けに展示が工夫されており、息子は楽しんでいました。あまり広くなく15時過ぎで混雑していないためか、1時間半で余裕を持って全部回れました。

息子はカブトムシコーナーが特に楽しかったようで、私はチョウ温室が良かったです。

 

伊丹市昆虫館は9月からリニューアルのため閉館し、オープンは来年1月2日です。今回も十分楽しめた展示がどのようにパワーアップするのか、今から待ち遠しいです。お近くの方は夏休み中にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

以上、昆虫好きの方ににおすすめの伊丹市昆虫館をご紹介しました。

公式サイトはこちら→伊丹市昆虫館へようこそ

 

昆虫好きの方には、こちらの博物館もおすすめですよ。

www.hoshinokiiro.com

 

おすすめトラコミュ

関西 おでかけ情報

観光&地域の情報

子どもとおでかけ♪