最近捨てたもの8つ。時代の変化とともに必要なものは変わる

捨てたもの2018.12前半eyecatch

 

暮らしやすい家づくりを目指し、片づけを進めています。

片づけを始めた頃はあまり考えることなくじゃんじゃん捨てていましたが、最近は処分するものを写真に撮って見返すようにしています。

今回は子供用の椅子やフードプロセッサーなど、この1ヶ月で捨てたもの8点を紹介します。

最近捨てたもの(2018.12)

壊れたもの

洗濯ネットしゃもじ

洗濯ネットとしゃもじ

数年使った100均のネットが破れ、ようやく寿命を迎えました。

これで洗濯ネットはすべて無印。ファスナー部分も真っ白でスッキリです!

 

しゃもじは3年ほど使い、使い切り感が満載。こちらも無印の竹製に買い替えました。

こちらの記事の「リニューアルアイテム」が洗濯ネットのことです↓

 

時代を感じるもの

電子辞書子供用いす

電子辞書と子供用椅子

電子辞書が出た時は「あの重い辞書がこんなにコンパクトになるなんて!」と感動しましたが…最近はPCやスマホで調べることが多く、出番がなくなりました。時代の流れですね

ダイニングテーブルで使っていた子供用の椅子は、小4息子が1歳からお世話になったもの。小さいうちはお腹のあたりにストッパーをつけていました。

来月には10歳になるため、大人の椅子デビュー。大きくなりました。

 

“最近”使っていない

フードプロセッサーまな板

フードプロセッサーとまな板

フードプロセッサーは本当によく使い、別売りの千切り用の刃も買ったほど。

しかし、ここ1年ほどは使わず。メリットより洗う手間が気になるようになりました。あるあるですね(汗)

まな板は重さが原因です。

たぶん一般的なものだと思いますが、もう1枚の薄いシート状のものに比べると重さが気になって使わなくなりました。

 

ずっと使っていない

干しネットパウンド型

干しネットとパウンド型

干し野菜に一時期ハマり、張り切ってホームセンターで大きいネットを買いましたが…

大きさゆえに出し入れが面倒になってお蔵入り。欲張ってはいけないですね。

 

パウンドケーキ型は、お菓子作りの熱が冷めてもパン型で使っていました。

しかし、そのパン熱も冷めてしまい…処分します。

 

おわりに

8つのうち半分がキッチン用品。かなり整理したつもりなのに、まだまだ出てきます。

電子辞書や椅子のように時代の変化で使わなくなるものは、懐かしさが処分に「待った」をかけることも。

しかし「今、必要?」の視点で見ると気持ちの整理がつきました。

「今」使うものを使いやすくするために、これからもお片づけを進めていきたいです。

 

参考にしたいブログが集まります(ブログ村テーマ)
掃除&片付け

掃除

収納・片付け

もっと心地いい暮らしがしたい!

住まいと暮らし

 

↓ブログランキングに参加中。応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

いつもたくさんの応援をありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です